<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

4/15 Project2 @難波845

b0155417_11234628.jpg

b0155417_11234651.jpg

先日のフレッドハーシュのコンサートと東京ライブの余韻はまだ続く中、帰阪後のプロジェクト2、おなじみ845ライブ。

お越しの皆様ありがとうございました。
この日はメンバー、今日はちょっと疲れ気味でスタートしたところに、たまたま酔っ払ったお客さんが入って来て、一瞬怪しい空気?が漂いましたが、帰られた後は無事に、楽しいライブとなりました。
セットリストは以下の通り。

1-1 Near The Spring
1-2 Dicided (ISI)
1-3 Without Fail
1-4 Can You Do it Funky
1-5Just Friends

2-1 Song of J-like
2-2 Dream Nights
2-2 Black Orpheus
2-4 Wing18
2-5 Lullabye for kanako

比較的ピアノのコンディションもよく、久しぶりの2-5など、バラードも美しく、スタンダード2-2の空間アレンジも怪しく?響いてくれてほっと。。

次このトリオのライブは、
GW高槻ジャズスト、3日17時から、レセプションルームに出演します。
また応援よろしくお願いします。
[PR]

by hiro-jazz | 2014-04-16 11:23 | Comments(0)  

今回の東京、その他。

b0155417_14324442.jpg

b0155417_14324489.jpg

b0155417_14324428.jpg

b0155417_1432444.jpg

1日多く滞在した東京ツアー。
2日目昼、銀座のスペース、にはたづみ、に、ランチタイムコンサート聴きに。オープンスペースで無理ライブ、すごく音もいいし、面白い場所です。
若いミュージシャンに混ざり遊ばせてもらいました。
最終9日は、何年かぶりで、高田馬場イントロでセッションへ。懐かしかったです。ここは安いし若い勉強してる人も多く、やはりここのジャズは熱い!

共通する知り合いも多く懐かしい人いろんな人にも会えたツアー。
また6月はいよいよトリオとデュオライブ。楽しみです。
皆様またよろしくお願いします。
[PR]

by hiro-jazz | 2014-04-10 14:32 | ライブ | Comments(0)  

4/8 コンサート翌日はデュオライブ。@中目黒楽屋

b0155417_14243149.jpg

b0155417_14243229.jpg

感動の翌日は、デュオ、vo石川真奈美さんと。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
石川真奈美さんとは2度目のデュオでしたが、今回も僕のトリオでよくやるリハモスタンダード、All of Me、But Not For Me、Ipanema、Bye Bye Blackbird 、などなど、アレンジコードながらデュオならではの自由に発展する歌、さすが石川さん。調律もよく、昨日の余韻に被れてはいませんが、気持ちよかったです。
普通の歌のライブでは、味わえない、決して伴奏には終わらないスリリングでクリエイティブなライブ。
ここは10年くらい前に出た事ありますが、アウエイなところでやると、こんな僕を、また新しい方達に知ってもらえ、嬉しかったです。
またやりたいな。
呼んでくれた、石川さん、ありがとうございました。
[PR]

by hiro-jazz | 2014-04-10 14:24 | ライブ | Comments(0)  

4/7 念願の来日、Fred Hersch Trio

b0155417_141487.jpg

b0155417_1414891.jpg

b0155417_1414862.jpg

僕が大好きな、フレッドハーシュトリオライブ、丸の内コットンクラブへ聴きに行きました。
4/6から8だったけど、僕は7日入れ替えのところ、二部通しで。
96年にNYへ見に行ってから、しばらくあいて、数年前に遂にソロでコンサートホールで来日行きました。昨年も今回と同じ場所でソロでしたが、行けず。
でも、今回はトリオでの初生フレッド。これを逃す手はありません。
一音目から泣かされ、アンコールもまたソロで泣かされ、。
なんと言うたまらん音色!最初NYで見た時を思い出しましたが、とにかくピアノ一音目からノックアウトでした。
初めて生で聴いたこのリズム隊、特に変幻自在のドラム、エリックマクファーレン、素晴らしい、あらゆるバリエーションでのサポートはまさに圧巻。
二部もアンコールのオリジナル、バレンタイン以外、選曲違いまたどれも素晴らしかったです。

美しいのはもちろんですが、フリーの要素もあるし、若いエネルギーを昇華してより自由に進化するのは素晴らしい。

もちろん同業者もたくさんでしたが、いろいろな知り合いの方にも会えて楽しかったです。
残念なのは、フレッドさんは今回写真NGだそうで、お話しは少ししましたが、一緒には撮れませんでした。
でもサインと、ちゃっかり僕のCDを渡して来ました。

彼はエイズの病で一度は昏睡に陥るところからの奇跡のカンバック。生で聴けてまさに感動。

僕もいい刺激になったのは言うまでもありません。
これからもいい音楽伝えれるように頑張ります。

フレッドさん、また来て欲しいな。
[PR]

by hiro-jazz | 2014-04-10 14:14 | ライブ | Comments(0)