<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

9/25 スペシャルトリオライブその2@クレセント

b0155417_1930943.jpg

b0155417_1930974.jpg

今、まだ豪華トリオ月間中。
今回は東京からの、名ドラマー池長一美氏を迎えの第二弾ライブ。5月に続いてのここでの共演。
池長さんは、今回も関西のミュージシャンとプレイするツアーが組まれてて、その中の一日、僕とのプレイをわざわざ本人からオファーもらえ、この日のライブが決定。
ベースは前回に続いておなじみ、原満章氏です。

今回のセットリストは以下の通り。
1-1 Lonking For The Stars
1-2 Still
1-3 With a Light Heart

2-1 Speak in The Abstruct
2-2 Take The A Train(リクエスト)
2-3 As Floting on water
2-4 .Just Being(LJansson)

3-1 So That You May to Relax
3-2 Reflection (T.Monk)
3-3.Days of wine & Roses

ここは、お店のオーダーの関係で3ステージ。おまけに一元さんから、リクエストもあり、いつものライブとは、ちょっと違う構成になる事が多いから、一瞬ためらいますが、結果それがかえって面白いその後の変化をもたらしたりします。ある意味ジャズの面白いところかも。

おまけに、やはり今回も、池長さんのいろんな表情のドラムソロあり素晴らしかったです。

場所やメンバー変わると、オリジナルも表情が変わるから、反省も含め、いろんな意味で勉強になります。
でも今年この3人でもう一度11/16、大国町テイク5で一緒にやれる事になりました。
今回聴き逃した方も、是非。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-09-26 19:30 | My Trio & Duo | Comments(0)  

金沢JAZZ STREET 13.9.14~5

金沢ジャズストリートに今年始めて参加させてもらいました。
今年は9/14/~6、海外からもチックコリア、ダイアンリーブスなども来るビッグなコンサートも併せて行われてて、関西からもたくさんのミュージシャンが集まりました。
僕は先頃CDを出された vo河村恭子さんと、Duoで街角コンサートに二ヶ所、僕のTRIO#3でも、一ヶ所で出演。
当日サンダーバードで到着後すぐの河村、宮下デュオ。いきなり大阪からのミュージシャンにも偶然会えたり。
b0155417_17575937.jpg


夜は、尾山神社特設ステージで、偶然ホテルも同じだった、ノルウェーのエプレトリオに出会いました。独自の世界を展開。場内はしーんと神妙に。思わず僕のCDを渡して記念撮影。
b0155417_1758755.jpg


その後、ライブバー、もっちりやで、セッション。関西からの人もたくさんでびっくり。少しですがピアノとベース両方で、遊ばせてもらったけど、知らない人からは、どちらが本職ですか?と。笑。途中ウラジミールシャフラノフさんも入って来て弾きまくってました。
b0155417_17585399.jpg


翌15日は午前中、気分転換に一人で兼六園まで。
b0155417_1759159.jpg




昼一、宮下博行Trio#3ライブ、
雨を想定したスケジュールに変更されたおかげで、時間も早まり、大慌ての巻巻ステージであっと言う間に終了。さすがにちょっとやり足らないけど、短期集中?エネルギッシュな演奏。

b0155417_180168.jpg

b0155417_180894.jpg


その後、トリオメンバーは夕方に別バンドで、僕の最後のステージは2日目の河村、宮下デュオ。ちょっと移動で疲れてたけど、ソロPも結構あり、楽しく無事終了。

もう一日ジャズストリートはありましたが、僕は、後ろ髪引かれながら、夜に電車で帰りました。
でもそこから台風、電車は無事でしたが、3日目も居た人、金沢大変だったかも。

珍しい土地での演奏は、楽しい思い出に残るイベントになりました。

地元にまだ戻って、秋はJAZZ STREETもまだいろいろ。頑張ります!
[PR]

by hiro-jazz | 2013-09-16 18:18 | My Trio & Duo | Comments(0)  

9/4 スペシャルトリオライブVoll.1@クレオール

b0155417_11492785.png

b0155417_11492775.jpg

早いもんで、もう9月。今月はトリオがいろいろなメンバーである、珍しい月。
第一弾は、9/4 おなじみクレオールに、東京からテクニシャンドラマー、嘉本信一郎氏を迎えてのライブ。
嘉本さんとは、CDが出た後、東京にツアー始めて、大阪のメンバーでなく、初めて東京でのトリオのメンバーとやり始めた7〜8年前くらいの時からの付き合い。
8月に彼はCDでも参加してる、デンマークのピアニスト、トーマスウエルバムのツアーで神戸来ましたが、今回初めての関西での彼との共演が実現しました。
ベースはおなじみ、原満章氏。ヨーロピアンのテイストに精通してるから、嘉本さんとのライブするには、まさに彼は適任。
今回のセットリストは以下の通り。
1-1Afterdark Fantasy
1-2 Six Scence
1-3 With a Light Heart
1-4 Don't Foget The Poet (Enrico Pieranunci))
1-5 Anbleside (J.Taylor)
2-1 I am That (L.Jannsson)
2-2 Airspace
2-3 Daddy,Wha't is God's Last Name (A.Pasqua)
2-4 Twelve More
2-5 The Best Song to You
アンコール
Cinema Paradiso
今回は東京でもよくやっていた、僕のオリジナルに加え、
スウェーデン、イタリア、イギリスなどのアーチストの曲も。
初顔合わせね三人で1時間程のリハでも、それぞれが知ってる曲なんで、難易度高くても各自譜面を見やすく書き直してくれたりしてたおかげで、円滑に。
本番も、リズム隊相性よく、決して淡くない、でもしっかりヨーロッパのテイストあるまとまったライブとなりました。
嘉本さんと言えば、左足でハイハットと、クラーベの二つのペダルを踏みながらプレイするのが得意技。
今回もそれを期待に応えるソロ。素晴らしかったです。
一日限りでしたが、他では出来ない充実したライブ。また来たら一緒にやりたいです。
今回の模様は、数曲YouTubeにUPしてもらえました。
よかったらご覧下さい。アップして頂いたtakaさん、いつもありがとうございます。
ココから
今月は、また別のスペシャルライブあり、トリオもまだまだやります。
来れなかった方々も、また是非是非、宮下ワールド聴きに来て下さい。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-09-06 11:49 | My Trio & Duo | Comments(0)