<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

6/22 クレオール、Trio#3 ライブ。

b0155417_1251918.jpg

b0155417_1251924.jpg

大阪駅コンの2日後、今月3本目は、おなじみクレオールでの昼ライブ。

最初から解っていたものの、野外とは違い、繊細。やはりここの響きはピカ一です。

今回は別の日にリハもあり、レパートリーも、このトリオで新しいのを数曲。もちろん一昨日とは全く選曲も違います。
1-1 Your Call Stop Me
1-2 Thanks for welcoming Me
1-3 Simple Minor Waltz
1-4 Girl From Ipanema
1-5 Meeting
2-1 Cool Breeze
2-2 Grief
2-3 Bye Bye Blackbird
2-4 Only 11th.
2-5 When You're Sleeping
アンコール
With a Light Heart

濃い内容だったかもしれませんが、如何でしたでしょうか?

美しい響きはもちろんの事、今回はアンプなしで臨んだ、斎藤君のプレイのおかげもあり、特に、躍動感ある動のインタープレイの充実した内容でした。
ここでしか出ないフレーズも多く、クレオールならではを実感。
ここのところ、いつも天変地異の多い昼ライブだったけど天気にも恵まれホッと。

このトリオ、ここではまた次回決定次第お伝えしますが、
秋にはジャズストリートの出演もあり、これからも楽しみです。
また皆さん、応援よろしくお願いします。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-06-23 01:25 | My Trio & Duo | Comments(2)  

6/20 宮下混成トリオ。

b0155417_113888.jpg

b0155417_113840.jpg

今月は珍しくトリオ3種類。充実してる月。

二個目、20日は一年ぶりの大阪駅ビル、時空の広場でのライブコンサート。
平日の夕方、たくさんの方々にお立ち寄りいただきありがとうございました。

今回は当初、歌が入る予定がキャンセルとなり、急遽トリオに。
去年はトリオ#3で出演でしたが、今回はスケジュールの都合で、ドラムはプロジェクト2の村尾コージ氏に。B斎藤敬司郎氏との3人の顔合わせは、歌伴ではあったものの、トリオだけでは初。
急遽と言う事もあり、お互いのトリオのレパートリーが、かなり違う中、共通してる曲からの選んで演奏することに。
ほぼ初顔で、当日のほんの20分程度のリハのみで、レパートリーを8曲も出来るのは、まさにマジック。メンバーそれぞれが、僕の馴染んでくれてるのはありがたく、ジャズならではの事と思います。

1-1 Looking for The Stars
1-2 Days of Wine & Roses
1-3 When You Wish upon a star
1-4 Everybodys Sun

2-1 Afterdark Fantasy
2-2 NY Point
2-3 Smie
2-4 All The Things You Are

スタンダードのリクエストもありましたが、僕のCD有名曲?中心でした。

場内は一応天井はありますが、外は台風雨で、結構寒く、譜面はファイル入れて風予防。

今回は用意されたのがキーボードなんで、曲中音変え難しいけど、ローズやストリングスの音を駆使。操作番号メモして頑張る事に。。
結果、以前昔にやってたフュージョンバンド時代のサウンドにもなり、メンバーも合間って新鮮な感じでした。

おまけに、この日は偶然にも、昔の生徒さん何名かにも会え、楽しかったです。
やはりこの場所ならではかな。笑。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-06-23 01:01 | My Trio & Duo | Comments(0)  

6/10 プロジェクト2@難波845

b0155417_14192737.jpg

いつの間にか梅雨なのに、なかなか雨が降らないこの頃。
GW高槻ジャズの後、初のプロジェクト2ライブ。
今回は1部はオリジナルセット
Near The Spring
Tan Tan
From only a Begining
Distance
Wait & See

2はスタンダードセット
Honeysucle Rose
I Wish You Love (新アレンジ)
小さな世界
Autumn Leaves
Embraceable You
という、久しぶりの分けてのセットでお送りしました。

スタンダードとはいえ、オリジナルのコードやサイズも違うもの。宮下サウンドをそのままキープしてるから、メンバーもオリジナルやってるつもりで、アドリブ弾いてるとか。笑。
聴かれたお客様は、どう感じてもらえたでしょうか。
このトリオですから、癒しだけではなく、時には激しいインプロビゼイションも。

日々出てるジャズのお店には、古くからのジャズファンもいるけど、知ってるメロディを喜んでくれる方はやはり多く、新しい物は受け入れてもらえにくい状況は確かにあるかもしれません。
スタンダードをやるのは、そんな意味で、僕にはお客様やリスナーの方々との接点になればと思います。あくまで、僕のスタイルを守りながらですが。。

とにかく次回ココは8/20、まだどんな感じになるかは
わかりませんが、オリジナルももちろん、少しでもいろんな方々に、宮下サウンドのジャズを聴いていただけたらと思います。

PS、今回は残念ながら写真はあいにく撮れませんでした。
ちなみにこれは去年の物です。すみません。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-06-12 14:19 | My Trio & Duo | Comments(0)  

ジャズ喫茶

b0155417_17293683.jpg

b0155417_17293630.jpg

こちらは放出のJAZZ喫茶「DEAR LORD」さんです。

生徒さんから写真とお店情報を入手しました。
放出駅から三分ほどの所にお店があります。
お酒、ケーキ、コーヒー、軽食。充実しているそうです。
寛いでしまいますね。

なんと、こちらのお店で僕の2nd.CD、Flow of Time をかけて下さっているとのことで大変恐縮しております。
ママさん、どうもありがとうございます。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-06-08 17:29 | Comments(0)