<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

5/13 宮下、能勢デュオ

b0155417_294691.jpg

b0155417_294695.jpg

今月前半、いや4月からは、リーダーライブやスペシャル多く、時間の流れが本当に早いです。
この日は、おなじみ、"Conversation Duo"
でも、ここ夜ライブは、かなり久しぶり。
ずっと土曜昼が多かったから、昼には聴きに来れない方々の為に、と、この日を選びましたが、今回は気候もよく、平日にかかわらず、来て頂いたお客様、ありがとうございました。

不思議なもので、澄んだ環境は同じでも、夜のせいか何か出る音が違う。
偶然にも、今回は能勢さんが、いつもと新しいレパートリーとして、スタンダードの楽譜をいくつか持って来てくれたから、選曲もちょっといつもと違う感じに。

セットリストは以下の通りです。もちろんいつもチョイスはステージでの思いつき。笑。

1.ステラバイスターライト
ストロングマン
ウィーバーオブドリームス
コンアルマ
アイム フォーエヴァー ブローイング バブルス
ブルース
2,アイブゴットアクラッシュオンユー
アワスパニッシュラブソング
グレーターラブ
タイムフォーラブ
トリステ
マイロマンス
マイワイルド アイリッシュローズ

アンコール
ジンガロ

やはり、特にバラードは、この場所ならではの美しい響きに。でも怪しいカラミも多く、透明感の中に濃いインタープレイが展開しました。
ほんの少しのきっかけでも、いろんな化学反応が起こる、まさにこのデュオでしか出来ない、信頼関係があるからこそ出来る、ジャズの醍醐味です。

おまけに、この日には、懐かしい僕達のCDを数年前に手に入れたと、わざわざ持って来て頂いいた方もいて、感激です。能勢さんも、自分でも久しぶりに見た。って、手に取って珍しげでした。笑。

次回このデュオは6/1 ピアノバーキヨミ。クレオールでは7/30 夜ライブとなります。
またよろしくお願いします。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-05-17 02:09 | My Trio & Duo | Comments(0)  

5/8 スペシャルライブ。

b0155417_12125570.jpg

b0155417_12125598.jpg

Gwもほぼ休みないまま明けてしまいましたが、楽しみなライブの日がやって来ました。
東京から、ドラムの池長一美さんを迎えての、一日限り、クレセントでの、スペシャルライブ。

池長さんは、僕の大好きなバートシーガーさんや、北欧のマグナスヨルトさんとも、CDを出してるドラマー。
今回も西山瞳さんとのCDに参加。ツアー帰りに、わざわざ一緒にやりたいと、声かけてもらい光栄です。

彼は共演アーチストでもわかるように、繊細でいろんな色彩感が出せる、日本では屈指な存在。
僕も10年近く前に知り合ってから、東京では数年前に何度かご一緒させてもらいましたが、その後バートさんの来日コンサートでお会いしてたものの、本当にライブは久しぶり。

ツアーの疲れもあったかもしれませんが、池長さんには、慣れない僕のオリジナル、たくさんこなしていただき、御苦労おかけしました。
Bはいつもお世話かけてる、原満章氏、僕と池長さんの間で、音楽的に優しく和を保ってくれました。彼もこの日を楽しみにしてくれてたのは、言うまでもありません。

この日の選曲は以下の通り。
Lonking For The Stars
My Romance
Look up The Night Sky
All The Things You Are
So That You May to Relax
Speak in The Abstruct
Evrybody's song But My Own
As Floting on water
Days of wine & Roses
などなど。

たくさんのお客さんに来て頂きありがとうございました。
おまけに西山さんまで応援に。
如何でしたでしょうか?

一日だけで、みんな十分に、自由に、とは行けなかったかもしれないけど、いい勉強になりました。

またの共演機会あればいいなあ。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-05-10 12:12 | My Trio & Duo | Comments(0)  

今年もGWは。

b0155417_2112853.jpg
b0155417_159426.jpg

b0155417_159564.jpg

5/3.4、毎年恒例の高槻ジャズストリート。
今年もすごい賑わい。たくさんの人が高槻の街にやって来ました。
出演バンドもアマからプロまで700。すごい。
僕の生徒さん達もたくさん出てるし、門が広い本当に素晴らしいイベントです。

3日、今年僕は抽選に当たらず、4日だけとなりましたが、おかげで、リーコニッツを始め、いろんな人の演奏を聴きに行く事が出来ました。

4日はまず。ベースで二本。
恒例になってる、ピアノの小堀康子さんと、堀越加那子さんとの二つのデュオ。
今年はどちらも、僕のオリジナルソング、
前者のライブでは、
YOUR CALL STOP ME、
OPEN THE 5TH DOOR、PRETTY LITTLE ONE、SECOND CHOICE、
後者では
URARA、LITTLE SENTIMENTAL THINGS
などなど。
ピアニストに気にいって取り上げてもらえて本当に光栄です。
でも、やっぱりBで自分の曲を弾いてみて、難しさ実感。
でも、こういう別の形で、僕の曲をお客さんに聴いてもらえるのもやはり嬉しいです。

この日の出番、閉めは、レセプションルームでの、我がピアノトリオ、プロジェクト2。

さすがに今年も移動とかで、この時間になると疲れが隠せません。内容は反省もしきりですが、本当にたくさんのお客さんに来てもらえて、もちろん熱い演奏に。
このセットでは、
1.It"s warming Day
2.On Fix on The Ground
3.Lullabye of Birdland
4.Wait & See
5.The Best Song to You
いつものライブとはまた違う内容になったのは言うまでもありません。
村尾さんもエネルギッシュ、僕も怪しいアプローチで。
環境や状況が起こす科学反応は新鮮で、楽しかったです。
b0155417_2114047.jpg

応援してくれた方々に感謝します。ありがとうございました。

翌日5日は、ハーバーランドでこれまた恒例の野外イベント、たくさんのプロのホストによる、セッションライブ。暑かったです。
(詳しくはFBにたくさんの人々がアップされてくれたんで、よかったらそちらもご覧下さい。)
b0155417_2115375.jpg

、、と言う訳で。あっと言う間に今年のGWも過ぎました。

明けて間も無く8日もスペシャルトリオのライブ。またまた楽しみですが、気合い入れないと。。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-05-06 01:59 | My Trio & Duo | Comments(0)