<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

2/25 Project2 難波845ライブ

b0155417_0464215.jpg

今月の3つのトリオ、最後は、おなじみProject2。

今回は他2回とは、内容を変え、珍しいカバー曲を半分。
いつもと違うレパートリーでしたが、僕の好きなアーチストの曲。
カバーでも、真似するんじゃなく、自分らしさが出るような、共通する音楽感を持つものを、オリジナルと同じ価値感で演奏しようと選曲しました。

1-1 It's warming Day
1-2 A New York Point
1-3 KTC
1-4 Dream Nights
1-5 What Started as Fun
2-1 Near The Spring
2-2 But Not For Me
2-3 Sister 's Song
2-4 Fright to Ten
2-5 Plaza Real

1-3 、2-3、5は、ポーランドのマルシンボシレフスキー、
1-5は、去年聴きに行った、バートシーガーの有名曲。

結果、新鮮だったのはもちろんの事、元の音源を知る事によって、僕のオリジナルの肥やしにもなったように思います。
もちろんアプローチはこのレギュラートリオならではの独特のもの。
聴かれた方は如何だったでしょうか?

次回ここは僕の東京ツアー直後の4/8。
このトリオは、高槻ジャズストリート、5/4 恒例レセプションルームも決定しました。

皆さん、また是非聴きに来て下さい。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-02-27 00:54 | My Trio & Duo | Comments(0)  

2/16 Trio#3@クレオール昼ライブ。

b0155417_22442936.jpg

今月は上旬、中旬、下旬と、3つ別々のトリオという、僕的にも充実した月。
でも、ここのところ、レッスンも発表会前で、ライブの為の準備もなかなか十分時間取れないまま、迎えたクレオール。
昼ライブとはいえ、外は雪降りそうな中、来ていただいたお客様には本当に感謝します。
場内は暖房はあれど、寒く、スタート時は指もかじかみました。
練習不足は、寒さのせいにしてしまいそうな勢い。笑。
でも、クレオールならではの演奏に。
やっぱり空間が響くんです。
逆にいつもの曲もまたと違う内容に。まさしくクレオールマジック。
1-1 Registance
1-2 NY Point
1-3 Simple Minor Waltz
1-4 Still
1-5 I Love You
2-1 Rest of Your Tears
2-2 Here's That Rainy Day
2-3 So That You May to Relax
2-4 Meeting3
2-5 Answer is Love
アンコール
Afterdark Fantasy

今回はありがたい事に、事前にお客さんからのリクエストもあり、寒くてもオープニングから気合い十分。

おまけに当トリオ新レパートリー2-4や、リベンジ?11/4 拍の難アレンジ1-5ありで、いつの間にか、終わってみたらテンション高い充実したライブでした。
このトリオでは、高槻ジャズ今年は出れなくて残念ですが、またクレオールでは6/22にやります。

絶対ここでしかない音、また是非聴きに来て欲しいです。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-02-16 22:44 | My Trio & Duo | Comments(0)  

昨日はバレンタインデーでした。

b0155417_0515115.jpg

この写真は、お世話になってる、西梅田のジャズバーWishy Washy 、お店のバレンタイン風景です。
今年、僕はサテンドールでバレンタイン企画、ピアノアンドベース、二刀流
ライブ(写真は撮れず..)だったから、こちらのお店には残念ながら行けませんでしたし、あまり今年はチョコも貰えませんでした(^^;;。
でも、たまたま、当日行った生徒さんから写真貰いました。
お店の真心が感じられて、心温まる写真、ちょっとアップさせてもらいました。

お店は、いろんなお酒と、ジャズのCDや映像もあって、マスターやママのお話も楽しいから、僕もたまのオフに行かせてもらってます。

もし、まだ行かれたことない方も是非行ってみて下さい。
[PR]

by hiro-jazz | 2013-02-15 19:39 | その他 | Comments(0)  

2/2 H.Miyashita Trio@Kiyomi Bar

b0155417_1814264.jpg

b0155417_1814229.jpg

今月いよいよドイツに旅立つドラマー、福盛進也君(写真右)の日本での最後のライブが、当店ママのご好意で実現しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
彼のファン、知り合いを始め、たくさんのお客さんに包まれ、場内は、熱気の超満員に。

B斎藤君もイキイキ、福盛君とのビートの相性もよく、若いエネルギーのおかげで、僕も個人的に至らぬとこはあれど、思わず熱演。思い出に残る名ライブになりました。

1-1 Looking for The Stars
1-2 Love Song
1-3 With a Light Heart
1-4 Fly Me to The Moon
1-5 Secretly
2-1 Afterdark Fantasy
2-2 Allmost Like Being in Love
2-3 More Human
2-4 Speak in The Abstruct
2-5 Lullaby for Kanako
アンコール
Spectaculer

僕の曲もまた違う面持ちでしたが、1-2.、5 とアンコール曲は福盛君作。感動のフィナーレ。

一昨年、彼は8年ほどバークリーや他の国にも住み、帰って来て日本でプレイしてたところ、知り合ったのが昨年8月、キヨミバーのママさんが、僕に絶対好み合うと思うからと、セットアップしてくれたライブから始まりました。
最初の一曲で、素晴らしいとすぐわかり、話しても、好きなジャズがヨーロピアン傾向で一致。
でも残念ながら、彼は日本でのジャズ環境に居心地悪さを感じてたようで、ノルウェーに住みたいと言ってました。
でもその後、お互いの思いが実現し、数回のライブが出来ましたが、どれも充実した内容なのは言うまでもありません。
が、二月彼がドイツに行く事が決定して、今年に入っての1/14ライブ(前回の記事)が、当初彼とのラストライブの予定でしたが、ここのママが、「進也君の演奏がもう一度聴きたい。」とのことで、今回のライブがセットアップされました。機会与えてもらえた事感謝しています。

結果、彼のラストライブ二本をいずれも僕のトリオでやらせてもらえたことになり、本当に光栄でしたし、わずかな期間しか一緒に出来なかった事は寂しいけど、僕にとってもいい経験になりました。

彼の、バランス感抜群のヨーロピアンなドラミングや、もちろん正確なビート、早いレスポンス、作曲の才能も兼ね備えた才能は、日本人でも稀。素晴らしいし、海外でも必ず活躍できるはず。
また戻って来た時は、是非やりたいです。

20才くらいも違う若さは、やはり羨ましいけど、まだまだ僕も頑張ります!!
[PR]

by hiro-jazz | 2013-02-03 18:01 | My Trio & Duo | Comments(0)