<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

11/17 H.Miyashita Trio #3 @ クレオール昼ライブ

b0155417_2305528.jpg

b0155417_2305680.jpg

今月のリーダーライブ第二弾は、Trio #3 おなじみクレオール昼ライブ。

でも今日は午前中から、すごい雨。よく考えたら今年のクレオールはよく雨が。
特にスタートあたりではかなり降ってて、Bの斎藤君も電車と徒歩では、さすがBに合羽着せて。涙。
でもそんな中、来て下さったお客様、本当ありがたかったです。

セットリストは以下の通り。
1-1 Registance
1-2 Mail at once
1-3 Bewhtched
1-4 So That You May to Relax
1-5 I Love You

2-1 Grief
2-2 Bye Bye Blackbird
2-3 Silent Texture
2-4 Reflection in The Mirror
2-5 When You're Sleeping

アンコール
Afterdark Fantasy

この日はこのトリオならではの選曲や、新しいスタンダードアレンジなど、また前回と違う感じでお送りしました。

特にアイラブユーは4-4-3の計11拍子。ライブでも弁解しましたが、決して難しくしたい訳ではありません。メロディの呼吸に合わせてコード付け直したら、こんなアレンジに。
テーマはさておき、結果アドリブパートはややこしいことに。何とか無事?に終えました。
今日はいつものトリオの時よりバランスもよかった気が。おなじみ曲も、いつもにない展開に、自分でも新鮮でした。

このトリオは次回は2/16土曜昼ライブ決定。
また、今年のクレオールは年末12/27 8時〜能勢さんとが最後。
年の瀬の夜ですが、もしよろしかったら、是非お越しください。

PS この日はダブルヘッダーで、終わってから奈良へ。雨はましになってたけど、さすがにくたびれたあ〜。
[PR]

by hiro-jazz | 2012-11-18 02:30 | My Trio & Duo | Comments(0)  

11/7 New Trio Livd @岡本Born Free 

b0155417_2340396.jpg

b0155417_23403996.jpg


楽しみにしていた、新しいメンバーでのトリオライブが実現しました。
昨年アメリカ、ドイツで勉強して帰って来た若いドラマー、福盛進也氏と、ベースは当店セッションホストや、以前からもよくやって信頼の原満章氏。

福盛さんとは夏にKiyomi Barで一緒にやった時に、意気投合。いわゆるヨーロッパ系のECMレーベルアーチストが大好き。原さんももちろん詳しい。
やはりヨーロピアンと言うと難しいイメージあるかもしれませんが、アメリカンと違い、サウンドが深く、リズムも空間が多いから、何より美しさが魅力。
BもDsも繊細さが要求されます。
今回の2人はさすが、初めての顔合わせでも、ツボがわかってプレイしてくれる、素晴らしいメンバー。

今回は選曲は下記の通り。
1-1 Splctacular
1-2 Running with the wind
1-3 M006
1-4 This moment for cheeze
1-5 Sixth Sence
2-1 All of me
2-2 Look up at Night sky
2-3 With a Light Heart
2-4 Secrety
2-5 Airspace
2-6 The best song to You
アンコール
Afterdark Fantasy

今回は僕のオリジナルの他に
1-1 2-4が福盛氏、
1-3が原氏のオリジナル、
2-1は新しい5拍子アレンジで。
と言う、バリエーション豊かな内容。
美しいと言っても、時にはスイングビートや、アップテンポもありで、濃い内容。

当日リハも本番ギリギリまで、お腹も減って大変でした。笑。

来られた皆様、ありがとうございました。
ヨーロピアン独特の緊張感、楽しんでもらえたなら嬉しいです。

この3人では、来年1/14に。梅田インタープレイ8 でのライブ決定、
福盛氏とは12/14 にキヨミバーでのライブもあり、これからも楽しみです。
またお時間あれば、この他にはない、サウンドを是非聴きに来て下さい。
[PR]

by hiro-jazz | 2012-11-09 23:40 | My Trio & Duo | Comments(0)  

11/1 Lars Jansson Trio Live at Mr.Kelly’s

b0155417_19192836.jpg


先月に続いて、大好きな海外ピアニストのライブがありました。
この日はスゥエーデンのラーシュヤンソン氏のトリオ。
今まで、京都、名古屋などにも何年も聞きに行ってたけど、一昨年は、仕事が入って行けず、それ以来。

今回はケリーズと言うのもあったか、メンバーのせいか、
予想を上回るエネルギッシュな演奏。早いテンポのも多く、行く時には迷いなく行く、演奏力はもちろん体力にも脱帽。
二部では、僕もやってる好きな曲のオンパレード。
イタリアンバード、菩提樹、オータムブルース、ヒルダスマイル、ラトゥール、などなど、嬉しい限りです。

終わってまた僕のCDも受けとってもらえ、おまけに彼の曲を歌って一緒にライブやってる、宇根崎 緑さんにも、英語の新しい歌詞をもらえるとか。
本当にいい人でした。音楽にもそれが現れてます。
b0155417_19192833.jpg


実は一昨年の時は偶然にも西梅田のJazz Bar Wishy Washyでコンサートの前日に来てたところを僕が同席すると言うハプニングがあり、今回も終わって行かれたらしいから、同席出来たのに行けず本当残念でした。
でもその事もちゃんと思い出してくれたようで、感激。
それにしても、もう一昨年かあ、あまりに年月が早いです。涙。
もっともっと精進しないと。
(一昨年のハプニングの様子は
http://hirojazz.exblog.jp/14137508/ に。よかったらご覧下さい。)
[PR]

by hiro-jazz | 2012-11-02 19:19 | ライブ | Comments(0)  

10/28 デュオライブwith Cathy Segal Garcia @キヨミバー


b0155417_11504615.jpg

L.A.から毎年のように来日されてる、知る人ぞ知る、名ボーカリスト、キャシーガルシアさんと、たまたまのご縁でライブさせていただきました。

その日は当Kiyomi Barで、以前から、昼にセッションホストを僕にBで頼まれていて、久しぶりで楽しみにしてたところ、その後、このライブを頼まれた時には、さすがに一日両方では体力的に心配で、引き受けるか悩みました。
でも、彼女のいつも日本で共演してるピアニスト、p.s氏からも直々にオファーいただき、やらせてもらうことに。

昼セッション終わってわずかの休憩な間に、外は激しい雷雨、気分転換には怪しすぎ。笑。
でも軽い夕飯と栄養ドリンク飲んで戻るとすぐにキャシーさん到着。
初めての場所にびっくりしながら、携帯でお店の写真を撮りながら、打ち合わせ。
予想通り、リハーサルはサウンドチェック5分程度。
僕に、「チャート(譜面)はいるか?」と。
と言う事はいつも「オールメモリーでやったりしてると言う事なのかぁ」と。ジャムセッションではいつもない事多いけど、ライブでは、ちょっとびっくり。
譜面一応欲しいと言ったら渡して、やりたいレパートリーを出してくれて、Do you know?と。知らない曲はほとんどなかったけど。
本番は曲順も決めず、インストもなくスタート。

一曲目チェロキー終わって、行きなり、どれかやりたいの、僕に決めて。って。
さすがにびっくりでした。
で、結局マイワンアンドオンリーラブを、でもキーはAでしたが、無事に。

とにかく、僕は伴奏の仕事多いから、選曲や、アプローチもまず歌手に従ってから、そこから広げてやる事が多いので、キャシーさんは、かなり音を待ってから歌うから、最初はお互い待ち合い状態だったかもしれません。

その後、予定調和のない対話が進み、何時の間にか1時間もすぎたとこで、彼女が全然気づかないから、思わず僕が休憩を入れてもらう事に。笑。

お客さんは10数名女性は全て歌手、演奏中は不思議な空気で緊張感いっぱいながら、休憩中はキャシーさんと、楽しくみんなが歓談。なごみました。
二部は少しリラックスしましたが、また1時間のライブ、11時まで。
ずっと自然体で楽々、でもバンバンとスキャットする内容は濃く、歌い続けるエネルギーはすごい。
その日は“伴奏“ではない、力及ばずながら、“共演“だと認識。
反省も多いけど、楽しかったのは言うまでもありません。
b0155417_11504612.jpg

終わってお互いのCDを交換、ジョークで?「連れて帰りたい」と言われたのは嬉しかった。

僕はよく考えたら8時間も居た事になったけど、気持ちいい疲れでした。
[PR]

by hiro-jazz | 2012-11-02 11:50 | ライブ | Comments(0)