<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

5/23 Project2ライブ@845  

b0155417_11292052.jpg

高槻ジャズ以来の恒例トリオライブ。
、、いきなり弁解になってしまうけど、満を持して?望むはずが、昼間、教室で弱ってた奥歯が抜けてしまい、となりの歯の金属まで外れてしまいました。 痛みないし、見えないのがせめてもの救い。涙。

ここは、最近他でコンサートも多かったからか、久しぶり独特の音環境で、自然と変わって行く自分がいました。
その時の精神状態、メンバーのコンディション、場所、選曲、すべてから、その日の演奏内容が決まります。それがジャズの生物たる所以。
....と言えば、かっこいいですが、結果ヨーロピアンスタイル?は影を潜め、イケイケ。

静粛でクールな演奏を期待されたお客さんはびっくりされたのでは。笑。

All The Things You Are
Melancoly Dance part1〜2
Urara
Part4
Expectation for Tomorrow

But Beautiful
Toward The Outside Air
Not for Rain 新曲
Wait & see
Open The 5th.Door

アンコール、
アローントゥゲザー

以上の曲目でも、もちろん聴いてもらわないとわからないと思うけど、久しぶりの曲も多く、自分的にも新鮮な感じにしたくて望んだライブ。

"若いもんにゃ負けん"と言いたいところ、エネルギッシュに弾いたら、終わって放心状態。大人げないと思うのは、歳のせいでしょうか。笑。

とにかく、ここは次回8/7、
またナマ物、を感じに来て下さい。
[PR]

by hiro-jazz | 2012-05-24 11:29 | My Trio & Duo | Comments(2)  

5/3 高槻ジャズストリート  

b0155417_194674.jpg

GW恒例になるジャズストリート、今年もたくさんの会場と人で賑わいました。
そんな中、僕の演奏を聴きに来て頂いた方々、本当にありがとうございました。
今年は初めて二つのトリオでの出演。もし両方の演奏を聴きに来てくれた方は、違いがわかって面白かったのでは。。

13時 〜Trio#3
和泉ジャズではおなじみでしたが、高槻では初出演。
会場レセプションルームのオープニングで緊張感ありましたが、何時の間にか人が集まり、嬉しかったです。
演奏曲は、
Almost Like Being in Love
Rest of Your Tears
Fly Me To The Moon
So That You May Relax
Speak in The Abstruct
b0155417_118104.jpg

19時 〜Project2
恒例交流センターでの演奏。
pの音いいから、バラードは特に気持ちいい感じ。
ただ昼からの疲れは、それぞれのメンバーにもあったかもしれません。ビアノも汗で滑ったり雑になったかも。
ここでは、
Six scence
Toward The Outside
I Left My Heart in sanfrancisco
Airspace
Open The 5th.Door
久しぶりのプロジェクトCDからの物もありましたが、新しいTowardにも挑戦。気心知れたメンバーにも、お疲れのとこ、難曲で苦労かけました。
b0155417_194696.jpg


その前、15時 〜Bassで。
今回は上記トリオの他に、ピアニスト小堀康子さんに、僕のオリジナルを弾いてもらうと言う、一昨年以来の恒例珍?企画、今回は村尾さんにもドラムで入ってもらい、その名も"Project3"
Second Choice
With a Light Heart
I Want Love Somehow
Your Call Stop Me、など
僕の曲を気にいってもらい、おまけにいろいろな人に弾いてもらえるのは、作曲した僕にとって本当にありがたい事です。
ただ今回の一部の曲は、僕の別のトリオでやってたCDのレパートリーで、実は村尾さんには新曲だったから、僕は未熟なBassでもちろんの事、リハなしでやるのは、自分の曲ながら至難の技、涙。
もちろん楽しかったけど、ちょっと悔しさが残るこの企画、またリベンジしたいなあ。。
b0155417_1192036.jpg
b0155417_1184175.jpg


〜今年は翌日、他に、メンバーそれぞれの別のバンドの演奏とかもいろいろ聴け、勉強にもなったジャズストリートでした。

僕の演奏聴かれた方々、よかったら、また感想教えて下さい(^-^)/
[PR]

by hiro-jazz | 2012-05-05 01:09 | My Trio & Duo | Comments(0)