<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

12/29 宮下門下生忘年会

今年も恒例、宮下門下生忘年会が梅田で開催されました。
前日まで忙しい12月でしたが、お仕事も無事終え、僕も楽器から離れての会。暮れの忙しい中たくさんの生徒さん達が集まってくれました。
いつもいろいろお世話してくれる、幹事の戸嶋さん。ありがとう。
教室5箇所から集まった人達、今年からの歌の生徒さん達とかも居て、初対面も多かったけど、なにか必ず共通の話題があるから、知らぬ間にコミュニケーションが。情報交換できたのもよかったです。
僕も生徒さんから、いろんな日頃聞けない話、苦労話など、聞かせてもらえるのも、このような会ならでは。
今回は2次会も全員が残って、いつの間にか時が過ぎました。
それにしても、さすがにこの時期ですねえ。人数もいたから、1次会のお店で2次会のお店まで紹介して案内してもらったのは、ちょっとしたハプニングでした。笑。
b0155417_1672050.jpg


今年もまだまだレッスンも至らぬところもありましたが、また生徒さんのレベル向上に、来年も頑張りたいと思います。
生徒のみなさんも、来年も早速、発表会2/26にも向け、頑張りましょう。良いお年を(^O^) /
[PR]

by hiro-jazz | 2011-12-30 16:08 | レッスン | Comments(0)  

今年のライブの閉め。

b0155417_2331544.jpg

いろんなライブあったけど、今年の閉めは、トリオ。
年末恒例になった、クレオールでの"暮れクレ"

この日が仕事納めの人達が多い中、偶然に立ち寄って聴いていただいた方などもいて、多くの人に来ていただき、ありがとうございました。

やはり何度やってもここの音環境は抜群。寒いからピアノがより重く感じたけど、自分の出来はともあれ、響きの美しい空間は、不思議に自然とイマジネーションが湧いて来ます。

だんだんこのトリオに慣れて来た、Bの斎藤 敬司郎君、京都から寒い中、楽器を電車で、偉い。
松田ゴリさんも、僕の曲を理解してくれて、音量をコントロールしてたし、渋いブラシのソロもよかったです。

ちなみに、今回のセットリストは以下の通り。
1-1 Rest of Your Tears
1-2 Gentle Smile
1-3 Silent Texture
1-4 Bewitched
1-5 Twelve More
2-1 Speak in The Abstruct
2-2 With a Light Heart
2-3 Still
2-4 Reflection in The Mirror
2-5 Lullabye for Kanako
このトリオならではの選曲中心でお送りしました。

なかなか腰を据えて、自分の音楽に向き合えなかった一年でしたが、来年こそ。

とにかく今年最後を自分のトリオで出来たのは、本当に嬉しかったです。

新年は23日にプロジェクト2が、難波845で。3月頭には東京ツアー、このトリオも3月にクレオール決定。また来年も応援よろしくお願いします。(^-^)/
[PR]

by hiro-jazz | 2011-12-30 02:33 | My Trio & Duo | Comments(0)  

今年の12月ライブ、もろもろ。

12月は毎年、いろんなイベントやライブの多い月。
最近は本数こそ普通の月と変わらないものの、この時期はレギュラー以外な場所や編成があるから、久しぶりの人、新しい人やお客さまに会えたり、いろんな経験が出来る月でもあります。

月頭には、お久しぶり、沖縄から、与世山 澄子さんとの盛況ライブ。いろいろハプニングも。笑。

沢山集まった、珍しい、じゃず家のセッション。

下写真は、茨木でのクリスマスパーティー、
宇根崎 緑さん(vo)、
藤井 美智さん(tp)、
西川 悟志さん(b)
b0155417_13164114.jpg


岡本ボーンフリーでのライブ
林恵子さん(vo)、おなじみ能勢さん(g)
b0155417_13227100.jpg


クリスマスイブは、
マイケル松本さん(vo)、おなじみ佐々木さん(b)と、珍しいpops系のライブ。
b0155417_13164180.jpg


などなど。他にも写真こそないけど、本当に日替わりメニュー。
ほとんど昼間レッスンしながらの中、毎日慌ただしい移動は疲れました。

でもいろんな出会いに感謝。
ああ、マネージャーがいる身分になりたい。笑。
[PR]

by hiro-jazz | 2011-12-29 13:16 | ライブ | Comments(2)  

11/29  Project2 @難波845

東京疲れも残ったまま、いきなり帰って翌日の恒例プロジェクト2 ライブ。
この日も昼間レッスン終わって、タイトなスケジュール、リハ前にはピアノのコンディションを治したりもして、本番までに、もはや疲れが。涙。

ホームグラウンドでのトリオ、前回、前々回は、メンバーにプロデュースしてもらったけど、今回は自分での選曲。東京とは違う内容は、企画考える時期も重なり、頭の中は混乱しそうでした。笑。
実は書き下ろしのちょっと硬派な新曲や久しぶりの曲も。新鮮なので、疲れたとか言ってられない状態でした。
でも、気持ちが頑張ろうとしすぎると、力みが出たかもしれないから反省です。

メンバーにも短い時間のリハで頑張ってもらえて、何とか新曲も出来、感謝。さすがプロジェクト2。

ちなみにセットリストは下記の通りです。

1-1 with the flow of time
1-2 Toward The outside air
1-3 distance
1-4 can you do it funky
1-5 have you met miss jones

2-1 Brindled scene
2-2 without fail
2-3 after you’ve gone
2-4 i feel tiat
2-5 kindness of your heart
1-2、2-3 が初お目見え。
また、この日はNY帰りのドラマー安井鉄太郎氏が飛び入りもありのハプニング。

.....やはり、いろんな状態であっても自分の音楽は常に前向きにやっていきたいです。

暮れは、もう一つのトリオでクレオール。まだまだこれからこれから。。
[PR]

by hiro-jazz | 2011-12-02 12:04 | My Trio & Duo | Comments(0)