<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

10/29 赤松&宮下デュオ@ 京都コンサートホ-ル

b0155417_23211910.jpg

b0155417_23211982.jpg

先週に続いて、カワイシンボジウムでの演奏。この日もリハーサルは朝一番からで眠かったです。笑。
今回もカワイのフルコンサ-ト仕様のピアノと、スクリーンには楽譜が写ると言う内容。
曲も前回と同じ、二人のオリジナルと、スタンダード等を、関西圏のピアノの講師さん400人程の前で演奏。
でも今回のハプニングは、何も打ち合わせなく、客席の人に好きな音を一音言ってもらい、そこから自由に完全即興演奏をするというもの。お互いのソロで一曲ずつ、二人でも一曲。クラシックの先生方対象なんで、さぞかし不思議に思われたのでは。予定になかったから、僕も一瞬びっくりましたが、面白かったです。当たりか外れかは間一髪。これぞジャズ。
さすが懐深い。赤松さん、突然に見えて、レクチャーコンサートらしいすばらしいアイディアを考えてたのかも。自信なかったらできないことです。
もしこの日の演奏聞かれた方は、是非感想教えて下さいf^_^;。
写真は終わってから、ほっと和んで記念撮影。
赤松さんはまた東京に戻られますが、僕は幸運にも今月は3回もご一緒でき、反省も多いながら勉強になりました。また日々のライブも頑張ります(^O^)/

PS 赤松さんのブログには今回の3回の内容が詳しく載っていますのでご覧下さい。(まずここから、以前の2回はそこのカレンダー10/14 、22をそれぞれクリックすれば見れます。)
たくさんの記事書いていただいて、本当に感謝です。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-29 23:21 | ライブ | Comments(0)  

秋の夜長のお供 

皆さんは音楽をどんな形で楽しんでますか?
通勤、通学の行き帰りをウォークマンで、もしくは自宅のステレオでゆっくりと楽しんだり、また寝る前のBGMに。。人それぞれ音楽の楽しみ方はあると思います。
実際は僕も含めて、時間がなく音楽をゆっくり楽しむ余裕がない人が大半でしょう。

写真(下)は知り合いの00さんの自宅のおしゃれなベランダ。提供ありがとうございます。
秋の夜長をワインとジャズで〜のんびり癒され。。羨ましいです。
過ごしやすい秋はオープンエアで美味しい料理、美味しいワインと供に
いい音楽を聴くのは感性を磨かれることでしょう。味覚、視覚、聴覚、五感を満たされて聴くジャズは最高でしょうね。
00さんの秋の夜長のお供はこれ。写真(上)

サラ ヴォーン(Vo)、マンデル ロー(g)、ジョージ ディヴィヴィエ(b) 
ピアノレスです。ギターとベースをしたがえサラが迫力ある歌声を聞かせてくれます。とにかく上手い。マンデルローの控えめで暖かいギターはシンプルだけど
存在感があり歌を引き立たせてくれています。職人技。Easy To LoveのEndingはお茶目で最高。(僕は意外にもバリーマニロウのCDで彼にハマりました。サラも入ってる、”Paradise Cafe”)
BはBud PowellのCDで知った人ですが、渋くても、よく聴くとやはりたくましい。
ここ最近、僕も忙しくゆっくり音楽を聴く時間がありませんでしたが、このアルバムを
聴いていると(あいにく仕事に行く道中ウィークマンで聴くぐらいしか余裕がありませんが(悲))暖かく、ゆったりした気分になりました。
皆さんも沢山音楽に触れる時間があればいいですね。そして何かお勧めがあれば是非教えて下さい。
秋にしっとり聴くにはお勧めの一枚でした。

b0155417_1162791.jpg
b0155417_1325557.jpg

[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-25 01:27 | CD | Comments(0)  

10/22 赤松&宮下デュオコンサート @宇多津ハ-モニーホ-ル

今年も、カワイ音楽教育シンジウムでの、ビブラフォン赤松敏弘さんとのデュオコンサートが実現。
今日は香川県の宇多津と言うところで四国大会。今年は珍しく四国での演奏も多いから近く感じるようになったけど、やはり瀬戸大橋はすばらしい景観。
b0155417_2253134.jpg

赤松さんとは、先週はケリーズで一緒にライブやったんで、レパートリーは一応経験済み。でも今年のシンジウムはレクチャーでなくコンサートメインなんで、数百人のピアノの先生方を前にホ-ルで演奏するのも独特の雰囲気。
そんな中、カワイのフルコンサ-トタイプの非売品?グランド(およそ1500万円らしい)を弾けるのは、重いタッチでしたが、さすが気持ちいい。
b0155417_22531388.jpg

b0155417_22531334.jpg
聴いていただいたクラシックの先生方達にわかりやすくするために、ステージ右手スクリーンに楽譜を投影。お勉強モ-ドはさすがシンジウム。果たしてコ-ドとメロディの一段譜、あとはアドリブやけど、参考になったでしょうか?。でも少しCDも買って貰えてうれしかったです。
来週は京都コンサートホ-ルでの演奏。今度は関西大会。あまり堅苦しいことより、ジャズを肌で感じて貰えたら十分ですが。f^_^;
とにかくすばらしい赤松さんとの共演できるのは楽しみです。
彼はコンサート終わって、四国からまた東京まで車自分の運転で戻られてます。相変わらずパワフルでいつも頭が下がります。(^^ゞ
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-22 22:53 | ライブ | Comments(0)  

10/18、19 トリオ2デイズ

珍しく、僕の二つのトリオが二日続きました。来ていただいた方々、ありがとうございました。
私事ながら、いつもならモチベーション高いはずなのに、歯痛とかもあったりで、精神的、体力的に凹む事も多く、演奏に対してテンションを保つのが大変でした。
そんな中、ライブか無事できたのは、来ていただいたお客さんのおかげです。感謝。
18日は "TRIO3"
和泉ジャズストでもやったオリジナルの他、新曲やおなじみMrs.Queen K、やEast Of The Sunのアレンジ版等、
19は "Project2"はBridges、Fright To Ten、など埋もれてた久しぶりの曲の他、Lullaye Of Birdland、アレンジバ−ジョンの定番になったAutmn Leavesなどなど。。
両日とも一生懸命奮起しようとした内容でしたが、そんな中で秋の新曲バラードAnswer Is Love は両日共にクロージングに演奏。自らしみじみ。(;_;)
今月はまだいろんなパターンのライブ多いから、しっかりしないといけません。反省f^_^;
ちょっとトリオのライブはイメージ写真のようにはいかなかったですが、皆さん、これからも秋の夜長、おいしいお酒とジャズ、楽しんで下さいね。(^O^)/
b0155417_013084.jpg

PS なお今回のライブの、一部宣伝メールに誤りがあったこと、この場を借りてお詫びいたします。すみませんでした。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-21 00:13 | My Trio & Duo | Comments(0)  

FMひらかた 番組出演収録

b0155417_18103264.jpg

今年ラジオ出演は前回のFM千里に引き続き、今回はひらかた。
DJのクリスさんの日曜19時からのMagical Music Box という番組に出演させていただきました。
今回は僕一人で、久しぶりに僕のジャズの生い立ちや自分のオリジナルなども紹介して貰いました。やはりしゃべるのは慣れなくて緊張しましたが、さすがクリスさんのおかげで無事終了。
ちなみにオンエアは18日夜19時から。エリアではないんで聞けませんが、よく考えたらその頃は帝塚山ラグタイムでライブですf^_^;。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-16 18:10 | その他 | Comments(0)  

10/13 赤松敏弘&宮下デュオ @ミスターケリーズ

b0155417_1491171.jpg

b0155417_1491168.jpg

近代ビブラフォンの第一人者、赤松敏弘さんとのデュオライブ。
彼とは毎年一度、某楽器メーカ-さんのイベントでライブやってましたが、一般の方々を前に演奏するのは初。今回はゲストに森川奈菜美さんが歌で入ると言う豪華企画。
4本マレットを駆使して演奏する赤松さんは、師匠ゲイリ-バ-トンの流れを受け継ぐすばらしいサウンド。彼は東京~松山~と遠距離も自分で車運転し、この日も松山から着いてすぐにリハーサル。すごい体力。
片や僕は朝一番から歯槽膿漏で歯医者に駆け込む始末。残念ながらベストなコンディションではなかったですが、すばらしいメンバーでの演奏、しんどいなんて言ってられません。
内容は赤松さんのオリジナルやコンテンポラリーなスタンダードな楽曲揃いの中で、僕のフロ-オブタイムも取り上げて貰い、いつもとはまた違う感じの仕上がりに。
スキルのいる内容にまだまだ自分の力不足を感じましたが、久しぶりに独特の緊張感を楽しみました。
ゲストの森川さんと赤松さんも初対面ながら、すばらしい歌で参加。僕といつもやってる時とは、また違う曲もやれて楽しかったです。
赤松さんとは今月またイベントコンサートでご一緒させて貰いますが、またライブでやりたいし、いろんな人に聞いてもらえる機会があればいいなあと思います。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-14 14:09 | ライブ | Comments(0)  

10/4 ゴルフ場で演奏。

b0155417_115189.jpg

b0155417_115122.jpg

b0155417_115181.jpg

昨日に続き珍しく、今度は奈良国際ゴルフ場での演奏。宇根崎緑&宮下トリオのライブ。Bはいつもの佐々木さんに、久しぶりにドラムはプロジェクト2の前任者、光田臣さんと再開、懐かしい話も続出、もちろん楽しい演奏でした。
ゴルフ場と言っても、レストラン会場でのパーティー。でも外は芝生もめちゃ綺麗。
夜、外は満月で、マメな佐々木さんが見事双眼鏡からのお月様を写メールGET、ここに載せてみました。いかがでしょうか?ロケーションバッチリ。
ちなみに他の写真は宇根崎さんのブログをご覧下さい。ちょっと恥ずかしいタキシード姿もあります。笑。
ああ、たまには自然にふれてのんびりしたいなあ。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-06 01:01 | ライブ | Comments(0)  

10/3 神戸学院大学レクチャー&ライブ

b0155417_0322769.jpg

b0155417_0322799.jpg

b0155417_0322757.jpg

珍しい大学での、プロジェクト2ライブ。
人文学部で行われた、レクチャー、”わからない音楽の会〜第一回ジャズの世界から”と言うもの。
ナビゲ−タ−桑島教授との話で、ジャズの構造を演奏で説明していく内容です。
とは言っても、音楽に対して専門的に勉強する人達へのレクチャーではないんで、ジャズについてなじみない人にもわかるよう解説しながら演奏するのは、大まかな説明しかできないから難しいです。
メイン素材はやはり”枯葉”シンプルな物から、いわゆるアウト物、最後は僕のアレンジバ−ジョンまで、何通りも弾きながら説明。でもは学生は熱心にメモ取ったり。でもやはり”わからない”とか。笑。
後半は僕達のレパートリーのライブ。いつもとは面持ち違うけど、真剣に聴いてもらえてうれしかったです。
結局は楽しみ方は人それぞれ。意味はわからなくても、感じるがままに楽しめたらいいのです。〜と言う締めで、わからない音楽の話は終わりました。。
駅からも遠く、終わって夜も僕はライブあって、へとへとでしたが、珍しい体験でした。
ちなみに、またここで、11/14、もう一つの宮下トリオでライブがあります。今度は演奏がほとんどなんで、また楽しみです。
[PR]

by hiro-jazz | 2009-10-06 00:32 | My Trio & Duo | Comments(0)